2007年09月30日

メディアデザイン論

昨日はゼミの八重樫先生が受け持つ、メディアデザイン論の講義でした。

金曜3限 メディアデザイン論
第一回目

さっそくゲスト。なぁんて講義、ないですよね!
でも成功だったんじゃないでしょうか。
教室の雰囲気がよかったんで。そう思いました。

さてさて、ゲストは、東京で行われた日本教育工学会の前日の夜にもお会いした、アーティキュレイトの久松さん。

アーティキュレイトhttp://articulate.jp/index.html

授業内容は、久松さんが作ってきてくださった、写真をあるアドレスに送るとその写真の色を識別して、色の傾向?がわかるというソフトを使う。画面はマンセル色相環になっていて、送信されてきた写真がどの位置にあるかわかりやすく見られる。受講生たちは、大学内の、自分がこれだ!と思うキャンパスの写真をとりまくり、その写真をもとに、このキャンパスの「色」の傾向を知る。

これを応用すれば、例えば企業などのロゴを作るときに、この会社の色ってなんだろうと思った時に使えるということである。

久松さんはとても気軽に気さくに声をかけてくださる人です。
しかしこの授業のためにこういうソフトをちょいちょいと作ることができる方…非常に尊敬します。




八重樫先生と久松さんと、その後夜までご一緒させていただきました。
夜は南草津の太一でご飯とお酒。

八重樫先生には、学会のときに、秋刀魚がすきだということがばれているので、遠慮なく秋刀魚のメニューを率先してオーダーしていく。

こう、先生や大人の方とお話していると、私って今まで何も考えずに生きてきたんだな、と思います。
それなりに考えてきたことなんて、所詮それなりなのでした。
裏を読むとか、真意を読み解くとか、私結構苦手だと思っていたんですが、苦手っていうか、何も考えて無いからじゃない?






来週金曜 1限環境デザイン演習
これも八重樫先生の授業で、ゲストがこれまた日本教育工学会の前日の夜にお会いした方。

また昼か夜こんな感じになるんでしょうね。非常に楽しみです。
posted by ヤスコ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアデザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5644945

この記事へのトラックバック